法要する場所を考えよう

前もって準備しておくこと

仏壇の周りを、綺麗に掃除して置かなければいけません。
ここがお寺で法要する際と、大きく異なる部分です。
自分たちで掃除して、準備をしなければいけません。
法要する時間が決められるので、その時までに準備を整えておきましょう。
当日は朝から忙しくなるので、掃除する時間を確保できない可能性が高いです。

参列者が続々と集まっているのに、仏壇の回りが汚かったら恥ずかしいですよね。
当日の前日までに、掃除を終わらせておくのがおすすめです。
それならゆっくり掃除できるので、仏壇を隅々まで綺麗にできるでしょう。
汚い部分が残っていると、法要しても故人が浮かばれません。
綺麗な状態になってから、法要で故人の思い出を振り返ってください。

スペースを確保しておこう

自宅で法要するのであれば、場所を確保する必要があります。
普段仏壇が置いてある部屋が会場になるでしょうが、家具がたくさんあると、準備ができない可能性があります。
参列者を収容することもできないので、きちんと片づけてください。
基本的にどんな家具も必要ないので、別の部屋に持って行きましょう。
大きな家具は、自分1人で片づけるのが大変です。

誰かに手伝ってもらってください。
自宅で法要することが決まったら、このような手間が掛かると覚えておきましょう。
面倒ですが、お寺まで行かなくて良い面はメリットですね。
足腰が悪くて、お寺まで行けない人がいると思います。
そのような人が多いなら、自宅を法要の会場にするのがおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る